上杉伯爵邸について

 上杉伯爵邸は、明治29年、元米沢城二の丸跡に上杉家14代茂憲(もちのり)伯爵邸として建てられました。当時は敷地約5,000坪、建坪530坪という壮大な大邸宅でした。

 しかし、大正8年米沢大火で類焼し焼失。大正14年に、胴板葦き、総ヒノキの入母屋づくりの建物と、東京浜離宮に依って造園された庭園が完成いたしました。

 設計者は中條精一郎、施工は名棟梁江部栄蔵による作品です。かつて、鶴鳴館(かくめいかん)と称され、皇族の御宿所ともなった、文化財的価値のある邸です。

上杉伯爵邸全景

上杉伯爵邸の歴史年表

明治29年
(1896年)
上杉茂憲(うえすぎもちのり)伯爵の本宅として造設される。
設計は米沢出身の建築家・中條精一郎氏。鶴鳴館(かくめいかん)と称された。
大正8年
4月茂憲伯爵76才で逝去。5月19日大火で類焼。
大正11年
再建のため着工。 事務所、応接室、上段、書斎などが完成。
大正12年
世子部屋、台所完成。
大正13年
門・土蔵などすべて完成。
大正14年
落成の祝宴が開かれる。
昭和20年
第二次対戦後、米沢に進駐した米軍将校の宿舎として使用される。
昭和25年
接収が解除。米沢市が上杉家より譲り受ける。
昭和26年
中央公民館として市民に利用される。
昭和54年
(1979年)

上杉記念館と称し、市内観光の中核施設として観光客や市民に開放される。主に、郷土料理の提供、資料展示など。米沢の郷土料理の原点とも言われる、鷹山公の「かてもの」を味わうことができる米沢唯一の館として現在に至る。
平成20年
(2008年)
和カフェ「茶房」オープン。

  • 中庭イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • 上杉伯爵邸
    〒992-0052 山形県米沢市丸の内1丁目3-60
    電話番号/0238-21-5121
    FAX番号/0238-21-5122
    食事営業時間 11:00〜20:00 予約優先
              (14:30以降予約制)
    茶房営業時間 10:00〜17:00
    休館日/毎週水曜日(4月〜11月まで無休)
copyright © Uesugi hakusyaku tei All right reserved.