上杉伯爵邸からのお知らせ

上杉の城下町、山形県米沢市にある上杉伯爵邸からのお知らせやイベント情報。

米沢の伝統文化「団子の木」を飾っております

米沢のみではなく山形県で古くから行われている伝統行事、「団子の木」です。

DSC_2062

団子が成る木があるわけではありません。。。

小正月(1月15日)になると、自宅の部屋に飾る行事を、団子の木飾りというのです。

DSC_2063

まず、小正月とは、1月1日からの正月が大変忙しい女性、特に主婦の奥様方がやっと一休みできるようになるからだそうです。

昔は、だいたいこの1月15日ころになるとお客様も減って、いつもの日常に戻り、一息つけるようになっていたんですね。

DSC_2060

その小正月に行う、団子の木飾り、「豊作」や「無病息災」など願いが込めて飾られます。

団子の木に使用する木は、「ミズキの木」を使用します。

このミズキの木、水辺に生える樹木で、水をよく吸い上げる木です。そのため、「火事にならないように」という願いも込められています。

ミズキの木は芽が上を向いて出てきます。そのため、「運が上向くように」との願いも込められています。

他にも、育ちが早い木なので、「子どもが早く育つように」という願いもあるそうです。

「豊作」「無病息災」「火事にならないように」「運が上向くように」「子どもが早く育つように」の願い。ちょっとひとつの行事でお願いが欲張り過ぎませんかね。少しでも叶ってほしいものです。

DSC_2069

上杉伯爵邸では、たくさんのところに飾っております。

玄関、大広間、5つの個室と全部で7か所に団子の木飾りをしております。

DSC_2064

玄関、大広間は営業中ならばいつでも、個室もご利用の方がいなければご覧いただけます。

通常の個人宅では小正月が終わると飾りも片づけてしまうのですが、上杉伯爵邸では2月末日まで展示いたします。

 

食事をしないお客様でも、喫茶だけのお客様だけでもかまいませんので、米沢の伝統文化をご覧くださいませ。

 

DSC_2072

 

上杉鷹山公も雪囲い

上杉鷹山公も雪囲いに迷惑そうな顔をしておりましたが、わずか3日でこのありさま。米沢は侮れません。15965290_1210569505659042_1111320898054392447_n 15965915_1210569528992373_8768948787972815335_n 15966098_1210569722325687_1261038905999061577_n

先週までは雪囲いには雪がまったくない状態でした。

今年はこのまま終わるのか、と思ったときもありましたが、そんなはずもなく米沢らしい雪に見舞われています。

 

米沢人ならだれもが知っている上杉鷹山公。

米沢の人はこの方のことを「上杉鷹山」とは呼びません。

「公」を必ず付けて、「上杉鷹山公」と呼びます。

 

米沢の人は小さいころからこう教えられてくるので、敬称をつけるのが当たり前となっています。

 

観光で来る方は呼び捨てにしますが、もしからしたら注意されるかもしれませんのでご注意くださいませ。

上杉伯爵邸に巨大な雪法師が

上杉伯爵邸には雪法師が鎮座されております。

これは積もった雪でそう見えるのですが、蔵王の樹氷とまではいかないものの
偶然の産物による、ちょっとしたいたずらです。

15940651_1210569728992353_9205332204133458562_n

この雪法師の中は、雪囲いされた松の木が入っています。

 

上杉伯爵邸の庭園はかなりの数の雪囲いがあります。

つつじなどの小ぶりの樹木は、板を複数枚使って囲っています。

ですが、大きな枝ぶりの木などは雪囲いができませんので、そのままの状態です。

 

雪の多い年は、雪の重みで木の枝が折れてしまうこともしばしば。

大きな枝ほど、折れてしまうと残念です。

 

雪法師は雪囲いの上にできたものですが、どのくらい大きくなるのか、それともどこかのタイミングで雪がおちてしまうのか、しばらく様子を見ようと思います。

1月17日(火)臨時休館日となります

いつも上杉伯爵邸をご利用いただきましてありがとうございます。

 

当館は12月~翌年3月までは毎週水曜日を休館日とさせていただいております。

誠に申し訳ございませんが、水曜日のほか、設備点検のため1月17日(火)も臨時休館とさせていただきます。

 

それ以外の月曜・火曜・木曜~日曜は営業しております。

 

これからの時期は、「団子の木飾り」、「現代の匠の雛人形展」、「啓翁桜の展示」、「わたしもおひなさま着付け体験」などさまざまなイベントを予定しております。

お食事も上杉雪灯篭まつり期間中は「雪見会席」を提供したしますし、期間は変わりますが2月になると「ひな膳」も提供いたします。

 

観て、体験して、食べて楽しめる企画を予定しておりますので、みなさまお誘いあわせのうえお越しくださいませ

お待ちしております。

 

上杉雪灯篭まつりは2月11日・12日です

一月も中旬に近づいてきました。

雪が昨年よりも少なく、「喜んでいる方」、「残念な方」、「不安な方」がいらっしゃいます。

喜んでいる方は、自宅の除雪をしなければいけない人です。朝の除雪は相当な労力ですから・・・。

残念な方は、除雪を生業とされている方です。公道の除雪は税金で行われますが、公道除雪もただではありません。依頼されて仕事をする人がいます。その仕事がなければお金がもらえません。仕事として除雪をする方には、雪が降らないということは、生活ができなくなる死活問題です。

dsc_2051

最後の不安な方というと・・・

 

毎年2月第2週の土日に開催される「上杉雪灯篭まつり」の関係者です。

雪灯篭まつり。その名の通り雪灯篭を作って、ロウソクを灯す、米沢の冬の風物詩となっています。

その雪灯篭が雪が少なくて作れなくなる可能性があるからです。

昨年も雪不足で、天元台からわざわざ雪を運んで開催しました。

それでも雪が足りなく、300基作るはずの雪燈篭を大幅に減らして開催となりました。

 

今年はどうでしょうか。

しかも今回は40回目という節目のお祭りです。

実行委員会も規模を大きくして計画していますが、雪がなくては縮小を余儀なくされる可能性もあります。

 

今週は雪が降る予報が出ていますので、少しでも積もってほしいというのが関係者の願いです。

今年2017年の第40回上杉雪灯篭まつりは2月11日(土)12日(日)の開催となります。

その前日の2月10日(金)はプレ点灯です。

イベント内容などについてはまた後日お知らせさせていただきますね。

 

上杉伯爵邸では、2/10~12の3日間、限定メニューを提供いたします。

営業時間も延長し、夜の19:00までお入りいただけます。

限定メニュー 雪見会席 お一人様5,400円(税込)

お昼もご予約いただければ同メニューを提供させていただきますので、ご希望の方はご連絡くださいませ。

事前予約のお客様には、甘酒をサービスさせていただきます。

(※2/10~12の夜の食事メニューは限定メニューのみの提供となりますのでご了承くださいませ)

dsc_2056

上杉雪灯篭まつり公式ホームページは こちら

 

  • お問い合わせこちら
  • ご予約はこちら
上杉伯爵邸
〒992-0052 山形県米沢市丸の内1丁目3-60
TEL 0238-21-5121 / FAX 0238-21-5122
食事営業時間 11:00~20:00 予約優先 (14:30以降予約制)
茶房営業時間 10:00~17:00
休館日/毎週水曜日(4月~11月まで無休)
ページ上部へ
お問い合わせはこちら