上杉伯爵邸からのお知らせ

上杉の城下町、山形県米沢市にある上杉伯爵邸からのお知らせやイベント情報。

伝統野菜を使った「あがやえフェア」

本日1月21日(日)に置賜総合支庁農業振興課、置賜農業振興協議会さん主催の「あがやえフェア」を開催いたしました。

あがやえ、とは「召し上がれ」の置賜地区の方言です。召し上がれよりももっと軽い、「食べてちょうだい」という感じでしょうか?

 

そのあがやえフェア、上杉伯爵邸でお食事の提供をさせていただきました。

伝統野菜と干し物を使って献立しまして、ご満足いただけたか心配でしたが、みなさん笑顔でお帰りいただけたので、一安心です。

普段はあまり使わない、「馬のかみしめ」や「花作大根」なども使わいましたが、どちらも伝統野菜だけあって、しっかりとした味わい、伝統野菜らしさが感じられる作物ですね。

2018-01-21-19-07-13

お帰りには、レシピとともに、伝統野菜の遠山蕪もしくはくきたち干し、ひょう干しのプレゼントと、それを使ったレシピをプレゼントさせていただく太っ腹な置賜総合支庁の農業振興課さん。今日まで段取りや調整などなど、大変お疲れまでした。

 

司会、コーディネーターとしていつもお世話になっている黒田三佳さん、トークゲストして、雪菜や遠山蕪を作られている佐藤了さん、飲食店ジュンヴィーノの佐藤純さん、白布温泉西屋の若女将遠藤央子さんに貴重な話を聞かせていただきました。

大変ありがとうございました。

2018-01-21-18-36-45

2018-01-21-18-47-41

あがやえフェアは1月30日、2月25日とありますが、どうやら満席で抽選になるようです。当たった方はぜひ楽しんできてくださいね!

啓翁桜を展示しています

やまがた冬のあった回廊キャンペーンというものをご存知でしょうか?

 

当社ホームページでもお知らせさせてもらいましたが、山形県の県南地域で米沢牛やワイン・銘酒など冬にあったまれるものをご紹介するキャンペーンです。

 

その一環として、啓翁桜の展示もあります。

啓翁桜とは、冬に咲く桜のこと。勝手に咲くわけではなく、温度管理などで冬に咲かせるわけですが、その生産量は山形県が1番です。

 

上杉伯爵邸だけでなく、白布温泉の旅館や、米沢駅、高畠の高畠ワイナリーなどなど、山形の置賜地域と上山市ではたくさんのところでてんじしております。時間があれば、啓翁桜をめぐってみてはいかがでしょうか。

 

上杉伯爵邸では、これからだいたい2月末くらいまでは見頃かと思いますので、ぜひお越しいただければと思います。

2018-01-20-15-31-53

2018-01-20-15-35-28

2月3日からはお雛様の展示もさせていただきますので、その時期にお越しいただければ併せてご覧いただくことができますよ。さらに、小正月に飾る団子の木も展示しております。

 

やまがた冬のあった回廊キャンペーンについては 【こちら】

小正月といえば「団子の木」

今年もこの季節となりました。

 

2018-01-20-15-30-54

 

慌ただしくしていた奥様方がやっと休める時期が小正月です。

1月15日からを小正月といいます。

 

米沢ではこの時期に団子の木を飾る風習があります。

無病息災、五穀豊穣を願い、ミズキというきに、団子や、お麩でできた飾りを木につるして飾ります。

なぜミズキの木を使うかというと、木の芽が上を向いているため、縁起が良いとされているのです。

 

昔は米沢の一般家庭のどこでも飾っていましたが、現在はだいぶ少なくなりました。

 

上杉伯爵邸では、大きな木に飾りをしていますので、ぜひ団子の木を見に来てください。

通常ならば1月末で飾り、そのあとは片づけてしまうのですが、上杉伯爵邸では上杉雪灯篭まつりなどにいらっしゃった方も楽しめるよう、2月下旬まで展示しております

上杉雪等祭りの時期には、団子の木の展示と、啓翁桜の展示、お雛様の展示ともりだくさんの展示をしております。ぜひお越しくださいませ。

2018-01-20-15-32-07

お待ちしております。

「あがやえフェア」を当館で開催します!

1月になり、積雪量も多くなってきました。

米沢は雪が多いと事故や排雪作業などで大変ですが、少ないと少ないで困ることもあります。

除雪作業をする建設関係の方もそうですが、伝統野菜を育てている方も困るのです。

 

伝統野菜の「雪菜」は雪の中で育つ野菜なので、雪が降らないとなかなか育ちません。

でも今年は十分な積雪があるので問題なさそうですね。あとは大雪とならないよう祈るばかりです。

 

さて、この度、山形県置賜総合支庁農業振興課さんと置賜農業振興協議会さんでとってもおもしろそうな企画を催してくれました。

その名も「あがやえフェア」です。

山形置賜の伝統食材を見る、知る、食うをテーマに、伝統食材を提供している店舗で食事とともに生産者や飲食店のオーナーなどの話を聞けるイベントです。

生産者はもちろん、料理を作る方のお話しってめったに聞くことのできない貴重な機会かと思います。

さらに、参加してくださった方には置賜伝統食材とそれを使ったレシピのプレゼントがあります!

食事を楽しめて、話を聞けて、レシピまでもらえちゃうこの企画、とってもみ魅力的ですね。

伝統野菜

しかも開催は全部で3回。

1回目は私たち上杉伯爵邸です。

1月21日(日)の18:00受け付け18:30スタートです。(会費3,500円)

雪菜の冷汁や遠山蕪を使ったお料理を上杉松花堂弁当の形でご提供させていただきます。

現在もさらに良い料理を提供するため、検討を重ねておりますのでご期待くださいませ。

 

2回目はリストランテ喜右エ門さんで1月30日(火)10:30受け付け11:00スタートです。

イタリアンと伝統野菜の融合がとっても楽しみです。

 

3回目は長井のなごみ庵さんで2月25日(日)10:30受け付け11:00スタートです。

この回のトークには味どころふる山の古山親方が出られます。どんな話をしてくれるかとても気になりますね。

 

詳しくはおきたま食の応援団のホームページをご覧いただくのが一番良いかと思います。

お申込みは上杉伯爵邸にメールやお電話でも結構ですし、下記のチラシPDFを印刷してFAXいただいても大丈夫です。

 

ぜひみなさまお誘いあわせいただきご参加くださいませ。

おきたま食の応援団のページは 【こちら】

お申込みPDFは 【こちら】

【数量限定】上杉神社参拝後はとろろそばをどうぞ

年末となり、みなさま忙しくお過ごしのことと思います。

良いお年をお迎えくださいませ。

 

年が明けたら、必ず行うのは新年の初詣ですね。

米沢にいたらやはり上杉神社にお参りするしかありません。

 

そんなとき、ちょっと上杉伯爵邸に立ち寄ってとろろそばはいかがでしょうか。

 

米沢には古くから「三日とろろに二日そば」という習わしがあります。

1月2日にはそばを食べて、1月3日にはとろろを食べる、ということです。

いまだにその習わしに従い、三日とろろに二日そばをされているご家庭がたくさんあります。

 

上杉伯爵邸もその風習に則り、どちらも兼ねている「とろろそば」を特価でご提供いたします。

期間は平成30年1月2日(火)から1月9日(火)までです。

料金はおひとり様、1,620円(税込)で提供させていただきます。

ただし、各日数量限定となりますので、売り切れの際はご容赦くださいませ。

ご予約いただけますと、あらかじめ確保いたしますので、ご予約されることをお勧めいたします。

とろろそば

お昼の時間は予約がなくとも席が空いていればご案内できますので、初詣のあとにぜひお立ち寄りくださいませ。

もちろん、郷土料理や米沢牛などの通常メニューもご用意しております。

 

また、通常水曜日は定休日となりますが、1月3日は営業いたします。ぜひお越しくださいませ。

 

皆様のご来館、従業員一同、心よりお待ちしております。

H29年末DMとろろそば新年会

 

1/2~1/9限定とろろそばのチラシは 【こちら(PDF)】

  • お問い合わせこちら
  • ご予約はこちら
上杉伯爵邸
〒992-0052 山形県米沢市丸の内1丁目3-60
TEL 0238-21-5121 / FAX 0238-21-5122
食事営業時間 11:00~20:00 予約優先 (14:30以降予約制)
茶房営業時間 10:00~17:00
休館日/毎週水曜日(4月~11月まで無休)
ページ上部へ
お問い合わせはこちら