上杉伯爵邸からのお知らせ

上杉の城下町、山形県米沢市にある上杉伯爵邸からのお知らせやイベント情報。

新メニューできました!黒胡麻はちみつソフト【期間限定】

当館では、甘味喫茶を年間通して営業しております。

昼食場所、夕食場所としては知られているかもしれませんが、カフェとしてご利用いただけることはあまり知られていないかもしれません。

 

そんな甘味喫茶に新しいメニューが登場しました。

ごまはちみつソフト - 拡大

黒胡麻はちみつソフトです。(税抜500円・税込540円)

胡麻のソフトクリームの上に、当館オリジナルの黒胡麻はちみつソースがかかり、さらにアクセントとしてクルミがかけられています。

トッピングにはきなこ味のわらび餅が付いています。

はちみつは、地元米沢で作られたはちみつです。

 

寒い日に暖かい部屋で食べるあま~いひととき。

米沢観光で疲れた足を癒すにも、雪片付けで酷使した身体を休めるにも、ぴったりの甘いメニューとなりました。

コーヒーにも抹茶にも相性バツグンですので、ドリンクセットにしてお楽しみいただくのがお勧めです。

(コーヒー・紅茶・抹茶のいずれかとのセットで750円税別(税込810円)となります)

冬期間のみの提供となりますので、気になった方はお早めにお越しくださいね。

ごまはちみつソフト

また、これまでお出ししていた練乳あずきソフトもリニューアルしました。

これまではあずきと練乳がソフト下に入っていましたが、これからはソフトクリームの上に付けるようリニューアルしました。

練乳とあずきの味を最初から最後までお楽しみいただけるようになりましたので、ぜひご賞味くださいませ。

練乳あずきソフト②

甘味喫茶のメニューは 【こちら】

上杉伯爵邸は12月~3月まで毎週水曜日を休館日とさせていただいております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

雪灯篭まつり期間限定 「雪見会席」直前予約もOK!

米沢の冬の大イベントがもう目の前に迫ってまいりました。

2019年の上杉雪灯篭まつりは2月9日(土)と2月10日(日)の二日間の開催となります。

 

2019年の上杉雪灯篭まつりでは、上杉神社周辺に154基の灯篭が製作されますが、すでに製作が始まっています。

 

この上杉雪灯篭まつり期間中に限り、上杉伯爵邸では特別なお食事をご用意させていただきます。その名も「雪見会席」(税込5,400円)です。

雪を楽しむイベントらしく、雪を見ながら楽しむ会席料理です。

ご予約優先ですが、当日ご予約いただいてもお召し上がりいただけるよう余裕を持って準備しております。当日、急なお食事の際はぜひお問い合わせくださいませ。

ご提供期間は2月8日(金)のプレ点灯と、2月9日(土)、2月10日(日)の3日間です。

(昼食・夕食のどちらでもご利用可能です)

 返還後

お食事の内容は、米沢牛味噌煮込み鍋や米沢鯉の洗い、遠山蕪の粕汁など、米沢らしい食材を集め、調理長が特別な手間をかけ準備したミニ会席となっております。

お献立は

 ・雪菜の冷汁

 ・そば味噌

 ・くきたち干し煮

 ・米沢鯉の洗い

 ・春鱒の道明寺蒸し

 ・米沢牛味噌煮込み鍋

 ・ちらし寿司

 ・遠山蕪の粕汁

 ・青菜漬け・りんご漬け

 ・牛乳寒天苺添え

です。

せっかく米沢に観光で来た際には米沢牛や米沢らしいお食事を楽しみたいと思う皆様にぴったりのお食事内容とさせていただいております。

 

この上杉雪灯篭まつりという特別なイベントでは、上杉伯爵邸の特別なお食事「雪見会席」をお楽しみくださいませ。

2月のみの限定メニュー「米沢牛牛づくし膳」「かまくら膳」

今年は雪が少ない予想が出ていますが、それでも冬。寒い日が毎日続きますね。

身体をあたためて、風邪など引かないようご自愛くださいませ。

 

上杉伯爵邸では、2月限定のお食事を2種類ご用意させていただきました。

 

 

牛づくし膳

1つ目は、「米沢牛牛づくし膳」(5,400円税込)です。

名前の通り、米沢牛をふんだんに使って、米沢牛でお腹いっぱいにできるお膳となります。

お献立は、米沢牛ヒレステーキ、米沢牛ローストビーフのサラダ、米沢牛味噌煮込み鍋と米沢牛を3種類でご提供します。この他、郷土の小鉢一品と、ご飯とお味噌汁が付いています。

現在、価格が高騰している米沢牛ですが、3種類の米沢牛料理をお楽しみいただきつつ、価格は5,400円に抑えてご用意させていただきました。

 

 

かまくら膳

 

2つ目は、「かまくら膳」(3,780円税込)です。

こちらは、2月3日から3月3日までご提供しているひな膳に、米沢牛味噌煮込み鍋を付けたものとなります。

ただの味噌鍋ではなく、米沢牛を柔らかく煮込み、醤油ベースの味付けに、特製味噌を溶かしてお召し上がりいただく形となります。

玉子もお付けしていますので、お好みで玉子に付けてお召し上がりくださいませ。

上杉神社などを見学されると、身体が冷え込んでしまうかと思いますが、そんな身体を温めるのにぴったりのお食事となっております。

 

この他、通常メニューもご用意しております。

お好みに応じて、お好きなお食事をお召し上がりくださいませ。

 

通常メニューは 【こちら】

 

 

現代の匠のひな人形展 開催中

当館では2月3日より4月3日まで「現代の匠のひな人形展」と題し、置賜地域の現在活躍中の作家さんたちの作品を展示しております。

 

IMG_0505

 

ご参加いただいた作家さんは

ちぎり絵  ウメチギリさん

原方さしこ  遠藤きよ子さん

創作こけし  竹田大介さん

笹野一刀彫  戸田寒風さん

とんぼ玉  竹田真理さん

相良人形  相良隆さん

そう人形  水野宋さん

ちりめん人形  渡邉渡さん

ろくろ工芸  佐藤健一さん

です。

 

IMG_0500

 

個展などを開かれている置賜では有名な方もいれば、現在絶賛売り出し中の方もおります。

みなさんの作品すべてが独特で、気持ちのこもった素晴らしい作品ばかりです。

 

IMG_0528

 

見学だけでもかまいません。

作家さんたちの心のこもった作品をぜひご覧くださいませ。

一部は販売もしておりますので、気に入った作品がありましたらそのままお持ち帰りいただけます。

IMG_0537

もしお時間に余裕がございましたら、当館でおひなさまにちなんだ“ひいな茶”や“ひな膳”も提供しておりますので、少し早い春を感じていただけましたらうれしいです。

営業時間中であれば、いつでも見学可能です。

※10:00~17:00

※3月末までは毎週水曜が休館日となります。

 

IMG_0521

 

上杉伯爵邸の甘味喫茶は こちら

上杉伯爵邸のランチメニューは  こちら

 

 

ひな膳を提供します

節分が終わると、次のイベントは上杉雪灯篭まつり。

その次のイベントは、「おひなさま」となります。

毎年、上杉伯爵邸では、2月3日から4月3日まで、「現代の匠のひな人形展」と題した展示をしています。

 

ひな人形展についてはまた別の機会に書かせていただきますが、そのイベントと一緒に、当館のお食事メニューもおひなさま使用に変更になります。

 

これまでお出ししていた「献膳料理 雪の膳」が「ひな膳」となります。

ひな膳

 

内容はこれまでの郷土料理に加え、おひなさまらしいアレンジを加えています。

・ちらし寿司

・春鱒の道明寺蒸し

・遠山蕪の味噌汁

・雪菜の冷汁

・くきたち干しの煮物

・そば味噌

・鯉と浅葱の酢味噌和え

・りんご漬け

・牛乳寒天 苺添え

の全9品です。

 

おひなさまらしいちらし寿司に、ピンク色が鮮やかでかわいい春鱒の道明寺蒸し。こちらもかわいい牛乳寒天に苺を添えたデザート。

伝統野菜をふんだんに使った遠山蕪の味噌汁と雪菜の冷汁。米沢のABCの「C」にあたる鯉と浅葱の酢味噌和え。

米沢の保存文化が現代にも続くくきたち干しの煮物。

とても珍しいりんごの漬物は、舘山りんごを漬けたものです、こちらは米沢のABCの「A」ですね。

 

といったように、おひなさまらしく、それでも米沢の食文化を色濃く残したお食事内容となっております。

期間限定の提供となりまして、2月3日から3月3日までの提供となりますのでご注意くださいませ。

 

ぜひ展示中のおひなさまをご覧になりながら、当館のひな膳をご賞味ください。

 

 

その他のメニューはこちら 【お献立】

  • お問い合わせこちら
  • ご予約はこちら
上杉伯爵邸
〒992-0052 山形県米沢市丸の内1丁目3-60
TEL 0238-21-5121 / FAX 0238-21-5122
食事営業時間 11:00~20:00 予約優先 (14:30以降予約制)
茶房営業時間 10:00~17:00
休館日/4月~11月第2、4水曜 ・ 12月~3月毎週水曜
ページ上部へ
お問い合わせはこちら