上杉伯爵邸からのお知らせ

上杉の城下町、山形県米沢市にある上杉伯爵邸からのお知らせやイベント情報。

庭園に椿の花が咲きました

桜も終わり、上杉伯爵邸では次の花が咲きだしています。

 

庭園にはいろいろな種類の花などが植えられています。

 

一番たくさんあるのがツツジで、100株ほど植えられていて、その他にも、萩、水仙、椿、牡丹など、いろいろな花たちが庭園を彩ってくれます。

 

その中で、今見頃を迎えているのが、「椿」です。

DSC_2346

赤や、白、そして赤と白のミックスなど、さまざまな色の花が咲き誇っています。

大きな椿ですので、何輪の花が咲いているのか数え切れません。

DSC_2349

上杉伯爵邸の庭園は24時間ご自由に散策できますので、朝でも、夜間でもご覧いただけます。

(夜間は街灯のみですので、じっくりご覧いただくには難しいかもしれません。また、安全を確保したうえでご見学いただきますようお願いいたします)

観光で上杉神社周辺へお越しの際もぜひ上杉伯爵邸の庭園へお立ち寄りくださいませ。お食事をされないお客様も自由にご覧いただけます。

DSC_2347

DSC_2347

ツツジの花も芽吹いてきており、5月の早いうちに最初の花が咲くかもしれません。

ツツジが咲けば季節はもう初夏に入ります。

あっという間の春が終わり、夏に差し掛かろうとしています。

この短い春日和を逃さずにお楽しみくださいませ。

 

上杉伯爵邸では5月20日につつじを観る園遊会を開催します。

そちらについて 【こちら】 をクリックください。

 

上杉伯爵邸のお食事は 【こちら】

2017年 山形県米沢市周辺の桜開花情報(4/26現在)

米沢市、上杉神社周辺の桜はあっという間に満開になりました!

 

DSC_2325 DSC_2326 DSC_2330

 

ちょうど見頃となっております。

でも、置賜には上杉神社以外にも置賜桜回廊といって桜の名所がたくさんあります。

20170426桜開花情報

そんな方のために、山形おきたま観光協議会では、置賜の桜の開花予報と開花情報を作っていただいています。

IMG_0435

写真は以前の上杉神社周辺です

ぜひみなさまも参考にしていただき、見ごろを逃さずご覧くださいませ。

 

上杉伯爵邸では、4月16日から米沢牛ステーキフェアを開催いたします。

せっかくきれいな桜を観たのなら、米沢の代名詞「米沢牛」をお腹いっぱい食べてみたい!

そんな経験をしたいなら、今!です!

 

米沢牛ステーキフェアは5月13日まで開催しますので、ゴールデンウィークもお楽しみいただけます。

 

この機会に、桜も米沢牛もお楽しみくださいませ。

上杉神社の桜見学のあとは、お抹茶と桜の水まんじゅう

上杉神社の桜も開花してまして、間もなく見頃を迎えようとしています。

21日現在は五分咲き程度です。

 

満開は24日ごろになりそうですね。

せっかくの桜ですので、ゆっくり歩いてたっぷりご覧くださいませ。

上杉神社のお堀はぐるっと1周回ると約900メートルあります。お散歩しながらぜひご覧くださいませ。

 

13026537061

 

その桜に合わせ、上杉伯爵邸では、当館オリジナルの「桜の水まんじゅう」を作りました。

「お抹茶と季節の上生菓子」をご注文いただきますとご賞味いただけます。

桜の水まんじゅう(小)

水まんじゅうには通常、黒あんや白あんを使いますが、こちらは桜色のあんこを使い、上には桜の花びらが乗っています。

さっぱりした甘さとお抹茶がとっても良く合う一品となっています。

 

上杉神社のお堀沿いは桜がたくさんありますので、歩いて見学されることをお勧めします。

お堀を1周すると、けっこう疲れますよ。実は、1周930メートルもあるので、歩いたとしてもいい運動になります。

桜鑑賞のあとには、抹茶と桜の水まんじゅうでご休憩。これで上杉神社周辺の桜見学は完璧ですね!

 

 

当館の営業は、4月からは無休での営業となります。

ただし、予約で満席の場合や、貸し切りでお入りいただけない場合がございますので、いらっしゃる前に一度お電話などでお問い合わせいただければと思います。

その際、ご案内可能かどうか、または空いている時間などをご案内させていただきます。

 

4月後半には、米沢牛ステーキフェアも開催予定となっておりますので楽しみにお待ちくださいませ。

満開のつつじを愛でながら「園遊会」を開催します

米沢にも春の風が吹いてきました。

桜ももうまもなく開花、というところまで来ましたね。

桜の開花は4月18日と予想が出ています。見ごろは4月24日から30日にかけてくらいになるでしょうか。

ぜひ上杉神社の桜を見学にお越しくださいませ。

 

桜が咲いた後は、当館の庭園にある「つつじ」が見ることができます。

つつじの見ごろは、5月中旬から6月上旬にかけてとなります。

IMG_6089

そんなつつじが見ごろを迎えるころに、上杉伯爵邸では、つつじを愛でる園遊会を開催します。

毎年開催しているこの園遊会。これまではやまがた舞子をお呼びして、お食事していただくものでした。

しかし、今年は趣向を変えまして、落語をメインといたしました!

今年の開催は

5月20日(土)11:00からです。

2017つつじ案内チラシ

 

落語だけではありません。

米沢市茶道連合会さんより、庭園で野点を開催していただきます。

IMG_6069

都山流尺八と琴の演奏をしていただきます。

当館調理長が心を込めてお作りした松花堂弁当をお召し上がりいただけます。

 

http___daipuro.iobb.net_kosira_photo_030

そして、立川こしら師匠による落語をお楽しみいただけます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

盛りだくさんの内容で、みなさまにはつつじを愛でる余裕もないくらいお楽しみいただきたいと考えております。

 

立川こしら師匠は、東京を中心にさまざまなところで落語会を開催されている本物の落語家さんです。

 

本物の落語を聞いたことがない方は、ぜひこの機会にお楽しみいただければと思います。

 

申し込みは、当館のお問い合わせフォームからでも可能ですが info@hakusyakutei.jp にメールいただいてもご予約可能です。

5月17日まで予約可能ですが、定員となり次第受け付け終了となりますので、興味を持たれましたら、お問い合わせだけでもお早めにいただければ対応させていただきます。

みなさまからのご連絡お待ちしております。

 

チラシのPDFは  【こちら】

立川こしら師匠については 【こちら】

 

雪囲いが取り外されています

雪も少なくなったので、庭園の雪囲いがやっと取り外されます。

大変多くの樹木が雪囲いされているので、外すのも相当な時間がかかります。

おそらく全部外し終わるには2週間くらいかかるのではないでしょうか。

DSC_2283

雪囲いを外していますが、上杉伯爵邸の庭園にはまだまだ雪が残っています。

今年の降雪量は例年通りくらいなので、特に多く残っているわけでもありません。毎年この時期はこのくらいの雪が残ってしまうのです。

4月の中旬まではきっと残っていると思います。

米沢がどれだけ雪深いかわかりますね。

DSC_2281

雪深い米沢は、この雪のおかげでおいしいものが食べられるのです。

特に代表的なのは「山菜」です。

DSC_2282

この雪が雪溶けして水となり、その新鮮な水が植物を育てます。

山だけでなく、平地にも「ふきのとう」などが自生してきます。

地元の方は、それを採って食材にするのです。

ふきのとうの天麩羅やふき味噌は絶品で、春になったことを自分の舌で味わうことができます。

深い雪でじっど我慢していた米沢人は、春においしい恵みをいただけるのです。

DSC_2284

これからは春のおいしい時期です。

上杉神社にお越しの際は、上杉伯爵邸で春を味わってみてはいかがでしょうか。

献膳料理は地元米沢の食材と、伝統料理でみなさまに舌で春をお楽しみいただけます。

 

御献立のページは  こちら

  • お問い合わせこちら
  • ご予約はこちら
上杉伯爵邸
〒992-0052 山形県米沢市丸の内1丁目3-60
TEL 0238-21-5121 / FAX 0238-21-5122
食事営業時間 11:00~20:00 予約優先 (14:30以降予約制)
茶房営業時間 10:00~17:00
休館日/毎週水曜日(4月~11月まで無休)
ページ上部へ
お問い合わせはこちら